川井式喘息改善エクササイズは発作時にも有効?

川井式喘息改善エクササイズは発作時にも有効?

喘息発作時の対処

 

発作時の対処法についてですが、喘息はどうしても季節や天候の変化、
そして夜中や明け方に喘息の発作が起こりやすくなります。

 

このような時はあまり無理をしないことが大切になります。

 

発作時は無理せず休養をとること

 

低気圧が近づくなどの天候の変化では、首や肩の筋肉の緊張が強くなってきます。
また、季節の変わり目の9月〜11月では急に空気が乾燥したり、気温が下がってきますので、
喉から胸にかけて空気摩擦が起こって炎症が起こりやすくなります。

 

さらに、深夜、明け方には、ステロイドホルモンが低下したり気温も低くなるため、
どうしても気道が狭くなり、呼吸がしづらくなって発作も起こりやすくなります。

 

その他、人によっては、飲酒をした時や激しい運動をした時に発作症状が出やすくなります。
これらの時は、やはり無理をせず、休養を取るというのが大事になってきます。
また、万一、発作が起きた時もそれぞれの発作の程度があると思います。

 

軽い発作であれば薬に頼らずエクササイズで呼吸を整える

 

少し息苦しい程度の軽度の発作であれば、
私の個人的な意見としては、薬に頼るべきではないと考えています。
そのような時にこそ、川井式喘息改善エクササイズで紹介している、
呼吸が楽になるエクササイズを行って頂くことで落ち着いてくるのではないでしょうか。

 

ただ、発作の症状が激しい時、息苦しさがなかなか治まらない時や、
川井式喘息改善エクササイズのDVDで紹介しているエクササイズを行っても
息苦しさや発作症状が治まらない場合は、頑張り過ぎずに、
ステロイド吸入剤や気管支拡張剤を緊急避難的に使うというのも大切なことです。

 

薬剤というのは、漫然と使ってしまうと毒になってしまいますが、
必要な時に正しく薬を使っていく事は、あなたを助けてくれるものとなりますので、
そのような時は無理をせず、薬を使って症状を止めて下さい。

 

 

⇒ トップページへ

 

 

教材の公式サイトはこちら⇒ 川井式喘息改善エクササイズ